【検証】道具無しの筋トレで痩せることができるのか?

道具無しの筋トレでどこまで痩せられるか?

 

 

筋トレは、機械や道具を使わないとできないと思っていませんか?
もちろん、機械や道具を使った方がより効率的に筋トレをすることができますが、道具を使わずに自重トレーニングでも十分な筋トレができます。
道具を使わない筋トレを知っていれば、いつでもどこでも自分のニーズに合わせた筋トレをすることができますよ。
道具を使ったトレーニングにどのようなメリットがあるのか、ご紹介いたします。

 

 

限界無し!?自重トレーニングのメリットはこちら

 

 

ジムなどに出向いて専用にエクササイズ器具があれば、トレーニングのバリエーションは広がりますよね。
でも、道具無しの自重トレーニングというのは、自宅の床や壁があるだけでトレーニングとすることができます。
室内にいなくても、近くの公園や出先のちょっとしたスペースなど、どのような場所でも筋肉強化ができるのです。
また、自分のスケジュールに合わせて隙間の時間でもできるので、とても便利です。
面倒くさがりな女性には、とても適したエクササイズといえるでしょう。

 

道具を使わない自重トレーニングというのは、道具を使ったエクササイズよりも効かなそうな気がすると思います。
響き方がスローで想像の効果まで時間がかかるのでは、と思うでしょう。
確かに、道具を使ったトレーニングよりも緩やかな響き方ではありますが、続けていくことでしっかりとした筋肉を付けることができます。
またトレーニングのレパートリーも多く、150種類以上もあるといわれています。
スクワットや腕立て伏せ、腹筋をはじめ、様々な筋肉トレーニングがあります。
なんだ、それなら自分でもできる!と思うのではないでしょうか?

 

道具を使わない筋力トレーニングというのは、いつでもどこでもできる筋力トレーニングです。
また、余計な費用がかからないのも、大きなポイントです。
意外と隅に置けない、頼りになる筋力トレーニングなのです。

 

 

デメリットも確認しておきましょう

 

 

もちろん、道具を使わない筋力トレーニングですので、デメリットもあります。
道具を使わない筋力トレーニングのデメリットは、これらが挙げられます。

 

・大幅な筋力が付く事は期待できない
・負荷が低いので筋力が付くのに時間がかかる
・肥満度が高い人は余計な負荷がかかってしまうことがある
・自分流儀のトレーニングになってしまうことがあり、効果が出にくいことがある
・正しいフォームで筋力トレーニングができないことがある

 

このように、道具を使わない自重トレーニングはデメリットも多くあります。
特に過度の肥満の人は、自重トレーニングを行う前に必ず医師に相談することをオススメします。

 

デメリットは多くありますが、想像以上に効果的な筋力トレーニングとすることができるのが、自重トレーニングの大きなメリットです。
一見効果が低い感じがする自重トレーニングですが、続けることで筋力アップは充分に見込めます。
道具を使うトレーニングばかり考えず、まずは自分でできる道具無しの自重トレーニングにチャレンジしてみませんか。
意外と効果があり便利にトレーニングできるので、快適ですよ。